CakePHPでhtmlspecialchars()の短縮形のh()がかなり便利


こんばんはっ
最近平日遅いので、休日は遅くまで寝ていたりします。
で、土曜日は朝帰りだったので、昼近くまで寝ていました。
これはこれで、半日損した気分になるので、ダメですねー。



CakePHPでh()という、htmlspecialchars()の短縮形があります。
初めはあんまり使えないなーって思っていたんです。


h($val, ENT_QUOTES);


ってすると、



htmlspecialchars() [function.htmlspecialchars]: charset `3′ not supported, assuming iso-8859-1 [CORE/cake/basics.php, line 209]





っていうエラーが出ますし。
ダメダメだなぁって思ってたら、実はENT_QUOTESを自分で指定せずともちゃんとやってくれるみたいで、内部で


return htmlspecialchars($text, ENT_QUOTES, $charset);




ってなってました、なかなかやりよります。

それどころか、実は値に配列を渡してあげると、全部htmlspecialcharsの処理をしてくれるみたいで、CakePHPはかゆいところに手が届く子だなぁと思いました。

コメントを残す