CakePHPで論理削除するSoft Deletable Behavior3


『おにぎり家一粒』というお店を知っていますか?
関西にしかないのですが、その名のとおり、おにぎりを売っているお店です。

おにぎりとはいえ、あなどってはいけませんよっ。
注文が入ってから握ってくれるおにぎりはホクホクで、べちょっとしてることはありません。
塩と海苔もとても風味がよく、
「おにぎりってこんなに美味しかったのかー!」
って思えます。

関西に住んでいる人は、一度は食べてみるといいと思います。





本題なのですが、先日記事にしたSoft Deletable Behavior。
CakePHPで論理削除するSoft Deletable Behavior1

CakePHPで論理削除するSoft Deletable Behavior2

既にとあるシステムで積んでいるんですが、ぶっちゃけると、今後も使うにはちょっとなぁという感じです。
理由はいくつかあって、

1.削除する際、削除日時以外にも任意のパラメータを登録したいけど、それが出来ない。
2.削除に成功したかどうかが判らないので、別口でSELECTして削除されているかどうかを確認しないといけない。


というところですね。
1に関しては、たとえば削除する前にsaveで削除者を登録すればいいんですが、それならその時に削除日時と削除フラグも登録してしまう方がスマートです。

2に関しては、「きっと削除されているさ♪」なんてのはシステムの欠陥になりかねないので、削除されているかどうかははっきりしていないとマズイです。
なので別口で確認するのですが、わざわざ別口で確認しないといけないのがスマートじゃないです。
UPDATEする時にわかるはずの項目なのに。


という感じですので、記事にして紹介はしましたが、
あまりオススメしません。

Tag ,

コメントを残す