JavaScriptでブラウザのテキスト選択を解除する


こんばんはっ。
段々と冬っぽくなってきましたねー。

「暑いよりは寒い方がマシ」

と豪語している私ですが、寒いものは寒いです。
そんな寒い日でも、三階ラボさんの作っているアイコンとか見ると、胸が熱くなります。
クオリティたかーい!
興奮で鼻息荒くなったりしますが、足先は冷たいままです。



つい最近、「ブラウザのテキスト選択を動的に解除したい!」ってことがありました。
とある仕事でShift+左クリックの挙動があったのですが、Shift+左クリックって2箇所ですると、テキストが選択されちゃうんですよね。。。
場合によっては必要な機能ですが、その時作っていた場所で使うことはまずない機能なので、なんとか選択を解除する方法はないかとグーグルでレッツ検索。



ブラウザ上で、テキスト選択を解除する方法 – Rails で行こう!



↑で紹介されているものを、ちょっとだけ使いやすいように改良。

こんな感じ。

function deSelect() {
if (window.getSelection)
{
var selection = window.getSelection();
selection.collapse(document.body, 0);
}
else
{
var selection = document.selection.createRange();
selection.setEndPoint("EndToStart", selection);
selection.select();
}
}
【window.getSelection】プロパティの有無で、ブラウザ判別しちゃおうかと。

IE7とFirefox3.5、Safari3(Win)で動いたので、必要な時には使いやすいかと思いますー。



かなりレアなケースだとは思いますがっ。

コメントを残す